獣医夫婦と暮らす元保護犬マルコの生活。

デング熱は犬に噛まれても感染しません!

[デング熱] ブログ村キーワード

こんにちは。

とうとう日本に入ってきたデング熱。

どんな病気なのかの説明はこちら ⇒国立感染研究所・感染症情報センターのページ。

今日、いつものドッグランでマルコのお友達のママさんから、
「デング熱って、犬に噛まれて感染するんですか??」
と、質問がありました。

何やら、他のママたちがそういうお話をしているのを聞いたと。。。


denngu01.jpg
※記事の内容とは関係のない写真でお送りします。


普段はのほほんと主婦をしてる私ですが、一応獣医師免許を持つ獣医のはしくれです(^^)

デング熱は主にヒトの病気ですが、サルも感染する人獣共通感染症なので、獣医師も勉強します。


「それはないはずですけど…。」と答えながらも、内心びっくり。
いったいどこから、そんなとんでもない間違い情報が出てきたのかと…(゚Д゚;)

もしやネット?!と、思い検索してみると、、、
やはり出てきました。


denngu02.jpg


「インドネシアでは、過去にデング熱に感染した犬から噛まれ感染が拡大した。という事例があったようです。」
などと書かれてるブログが結構多いこと(-。-;)

もちろん、そんな事実はいっさいなく、誤り情報です。

犬に噛まれてもデング熱には感染はしません!


この誤情報がどこから出てきたのか、さらに調べたところ、
ある一般の犬の飼い主さんが、デング熱について書かれた英語の文章を誤訳してしまったということが原因のようです。

その方のブログでは、「蚊が刺す」という意味で用いられたbiteという単語を、
「犬が噛む」と訳してしまった
と説明されてました。



denngu05jpg.jpg


どんな事柄に関しても、素人さんによる出自不明の情報をそのまま鵜呑みにするのは本当に危険です。

自分できちんと信頼できる情報を調べる。
特に、こういうヒトや動物の命にかかわるようなことは、まず最初にプロ(医師や獣医師)に直接きくようにしたいですね。

私がいつも心配しているのは、間違った情報によって生まれた恐怖から、
人間たちが、動物を捨てたり殺したりしてしまうのではないか…ということです。


どうか皆さま、
デング熱に関して分からない事があったら、まずはかかりつけの獣医師や医師にお尋ねくださいね。


他にも、各自治体のデング熱に関する電話相談窓口もありますよ。
東京都の方は⇒東京都福祉保健局のページ。




denngu03.jpg


Qついでに、犬や猫はデング熱に感染するのか?
ということについてですが、、、

Aデング熱は基本的に霊長類(ヒトとサル)に感受性のあるウイルス。
(感受性は高くないがマウスなどのげっ歯類も感染し発症)
犬や猫が感染する可能性はゼロではありませんが、極めて低いといえます。

例え感染した場合でも発症しません(無症状)
ここ近年の犬や猫の感染報告はありません。


また、デング熱ウイルスを保有した蚊が犬や猫を刺すと、その犬や猫にウイルスが入る可能性はあります。
しかし、そのままウイルスが犬猫の体内で生き続け、また他の蚊に吸血され人間や他の犬猫に感染する…というサイクルが成立する(キャリアーになる)のかはまだよく分かっていません。
その可能性を指摘している獣医師はいるようです。


今私たちができる事は、とにかく健康な体でいること、
なるべく蚊にさされないようにすることくらいですね(^▽^;)

※2014,9,07 文章の一部訂正。

↓読んだよーのしるしに、ポチっとお願いします☆↓
にほんブログ村 犬ブログへ

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://marco0606.blog.fc2.com/tb.php/183-7b162728