獣医夫婦と暮らす元保護犬マルコの生活。

夏バテ・熱中症予防わんごはん!

こんにちは♪

とても暑い日が続きましたね~!(^_^;)

いきなりの真夏日、わんこも人も気をつけたいのが、「熱中症」。
まだ5月、6月の夏本番前の時期は、体が暑さに慣れていないので、
特に注意が必要です。

これからまた梅雨の時期になると、気温が下がってくるかと思いますが、
今のうちにやっておきたいのが、夏バテ・熱中症にならないための体作りです!





犬はどうやって熱を逃がしているのか?

犬は、人間とは違い、
汗腺(アポクリン腺)が肉球にしかないので、発汗による熱放散はわずか。
主にパンティングと呼ばれる、あえぎ呼吸よって体温を下げている(気管から熱を逃がす)のは有名ですね。

また、犬は、皮膚の薄い部分(耳、鼻、舌)の血管を拡張させ、外気温にさらしての熱放散もしています。




では、熱はどうやって、体の内側から外側へ運ばれるのか。

全ての恒温動物において、血液が体内の熱を体の表面まで運び、熱を逃がしていきます。

血液量が増えれば、熱を逃がしやすくなりなります。




血液量を増やすにはどうすればいいのか。

水分を取る事はもちろんですが、
重要なのはタンパク質を多く摂ること!


少し難しい話になりますが、
タンパク質の一種であるアルブミンという物質は、
浸透圧の関係で、血液中に水分を取り込ませる働きがあります。

アルブミンが増える→ 血液量が上昇 →血液が熱を運びだすのがスムーズになるというわけです。


夏に向けて、毎日、質のいいタンパク質を普段より少し多めに摂取する事で、
熱中症になりにくい体を作ることができます(^^)



natubategohan000.jpg
タンパク質の栄養価を表す基準で、最も優れた食品とされている
※アルブミンの語源は卵白(albumen)。






ちなみに、割と有名らしいこんな研究があるんですねー。↓↓

運動直後にタンパク質を含む食品(牛乳)を摂ると熱中症予防になる!
信州大の能勢博教授による。
(詳しくは →外部サイトの記事

運動により筋肉に負荷がかかると、エネルギー消費や筋繊維修復のため、
ブドウ糖やアミノ酸(タンパク質)を細胞に取り込む機構が活発になる。

アルブミンはアミノ酸を運ぶ働きもあるので、運動後は肝臓でのアルブミン合成が高まる。

その運動後30分~1時間の間に、
豊富なタンパク質とアルブミン合成に必要なをバランスよく含む牛乳を摂取する事で、
アルブミンの合成をさらに促して、血液量をアップさせれば、熱中症予防につながる!




なるほど~!(・ω・)

これは人間における研究ですが、基本的な生理機構は犬も同じなので、
この結果は犬にでも当てはまると思います。

しかし、成犬は牛乳の乳糖不耐症のコが多いので、
別のモノで代用するとして、、、



tamago01.jpg
やっぱり、卵!
(卵や肉にも、わずかに糖質が含まれてます)
マルコさん、さっそくドッグラン帰りに、卵をいただくことに。

もちろんヤギミルクやヨーグルトなどもいいと思います♪







gihtamago.gif
うまうま~♪
(あ、卵白を生で摂取すると卵に含まれるビタミンB7が吸収されにくくなるので、
気になるなら半熟にした方がいいかもですね~。加熱しすぎも消化しにくくなるのですが。)




さらに、適度な運動とタンパク質摂取というのは、筋肉を作る上でも大切なこと。

筋肉は約80%が水分なのです♪

運動不足や加齢により、筋肉量が減ってしまうと体内に水分を保持しにくくなります。
筋肉を適度につけることは、熱中症予防に有効です(^^)









natubategohan06.jpg
マルコ「どうでもいいけど、今日の夕ごはんは、まだなんだろうか?」


夏バテ・熱中症予防に効果的な栄養素は、タンパク質以外にも色々ありますが、
今回は、こんなわんごはんを作ってみました♪





natubategohan02.jpg
豚肉
タンパク質はもちろんのこと、たくさんのビタミンB1を含みます。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのに重要なビタミン。
不足すると、疲労物質がたまり疲れやすくなります。
疲れた体は、夏バテ・熱中症に陥りやすくなってしまいます。






natubategohan01.jpg
そして夏野菜である、オクラ

ムチンというネバネバ物質は、水分保持にすぐれ、胃や腸などの粘膜保護に役立ちます。
消化管粘膜を保護することは、栄養素の消化吸収を助け、
免疫細胞(そのほとんどが腸に存在)の活動を正常に保ちます。






natubategohan03.jpg
同じく夏野菜である、トマト

抗酸化作用のあるリコピンは、夏になると栄養価がピークに達します。
夏の暑さのストレスや紫外線による、活性酸素のダメージを軽減してくれます♪

また、夏野菜には、体を冷やす働きがありますよね(^^)






natubategohan05.jpg
マルコ「いい匂い~♪もうすぐできるのかな?」

これらの材料に、お米、キャベツ(栄養価もありますが、食物繊維&かさ増しのため)、
しいたけ(βグルカン)を加えまして煮込みます。
あ、オクラのムチンは熱に弱いので、サッと茹でるか生がいいですね。




茹でて冷めたら、グリーンナッツオイルとカルシウムパウダーをかけまして、

natubategohan04.jpg
完成~♪
なんだか、あんまり美味しくなさそう(笑)
簡単なので、いつも煮込みスープスタイルのワンパターンです(^_^;)






natubategohan07.jpg
マルコさん、わんこだから見た目とか気にしないし、なんでも食べるので楽( ´ ▽ ` )

最近購入したハードクレートの中でいただきます♪





natubategohan08.jpg
食べるの速い~。






natubategohan10.jpg
満足でございますか?







natubategohan09.jpg
マルコ「腹五分だなぁ…。」


マルコはいつもこんな感じでございます(^◇^;)

↓読んだよーのしるしに、ポチっとお願いします☆↓
にほんブログ村 犬ブログへ

関連記事

Comment

りん says... ""
すごくよく、ワンコのこと、考えてるんですね。感動!
グリーンナッツオイルとカルシウムパウダー、そんな、うちにない!
今度さがしてみる。そう、普段から体調管理に気を付けないとですよね。
予防が一番。うちの子夏はかならずカユカユなんです。ペットくすりの痒み緩和シャンプーがいいみたいです。
2014.06.03 15:56 | URL | #JalddpaA [edit]
泥んこくーちゃん says... "初コメです(^ー^)ノ"
こんばんは♪初コメです(^ー^)
この暑さに不安だったけど…
良い情報がありがとう(*^^*)
2014.06.06 01:11 | URL | #- [edit]
はるこむし says... "Re: タイトルなし"
りんさん、初めまして、コメントありがとうございます♪

そうですね、普段から健康な体で居ることが一番ですね。
まだ手作りごはんを始めて1年くらいなので、試行錯誤ですが、
人間の体にいいものは、わんこにも有効なことが多いようです(^^)

夏は細菌やカビが増殖しやすいので、どうしても皮膚のトラブルは多くなりますよね。
清潔&免疫力を低下させないことが大事だと思います。
2014.06.06 22:33 | URL | #- [edit]
はるこむし says... "Re: 初コメです(^ー^)ノ"
泥んこくーちゃんさん、初めまして、コメントありがとうございます♪

少しでもわんごはんの参考になれば嬉しいです。
去年みたいに今年も暑くなるのでしょうかね〜(ー ー;)
お互い頑張って乗り切りましょうね☆
2014.06.06 22:37 | URL | #- [edit]
履歴書 says... ""
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2014.07.02 11:13 | URL | #- [edit]
はるこむし says... "Re: タイトルなし"
履歴書さん、コメントありがとうございます♪

ぜひまた遊びに来てください~(´V`)
2014.07.05 14:27 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://marco0606.blog.fc2.com/tb.php/120-bc0e8138